ダイエット

ダイエット中はスープを飲んで満腹感を上げよう【気をつけることあり】

「ダイエットでスープを飲もうと思ってるけど、どんなスープがいいのかな?あと、どうしたら満足できる?」

このような疑問に答えます。

この記事の内容
  • ダイエット中に飲みたいスープ
  • スープで満足感を上げる方法
  • スープを飲む時に気をつけてほしいこと

ダイエット中に飲みたいスープ

スープといっても、様々な種類があります。
カロリーの低いものから、高いものまで。

  • 鶏ガラスープ
  • コンソメスープ
  • 味噌汁
  • ポタージュ
  • ミネストローネ

今回はこれらを紹介していきます。

鶏ガラスープ

鶏ガラスープの素を使って作ったスープです。
低カロリーですよ。

具なしでスープのみだと、1杯5キロカロリーです。

スープを作って、あとはお好みで具を入れるだけなので簡単です。

わかめスープ

わかめがメインの鶏ガラスープです。
わかめには、食物繊維やミネラル、ビタミンとたくさんの栄養が詰まっています。
100グラムあたり、17キロカロリー。

使う時は、生わかめよりカットわかめにするとすぐに使えて便利です。

椎茸を入れると、出汁が出てさらに美味しくなります。
椎茸の代わりに、舞茸やしめじ、えのきを入れても美味しいです。

きのこによって、効果効能が変わってきます。
詳しくは、こちらのページを見てみてください!↓

【きのこの効果】種類によって異なる効能!栄養を余すことなく取り入れる方法は?

豆腐を入れると、たんぱく質とイソフラボンがとれますよ。
満足感もアップします!

卵スープ

わかめスープよりも満足感が得られます。
卵1個のカロリーは、76キロカロリー。

卵からたんぱく質も摂ることができます。
1個あたり、6.2g。

ですが卵はコレステロールが高いため、一日一個までがいいそうですよ!

わかめやかまぼこを一緒に入れると、おいしいです。

コンソメスープ

コンソメもカロリーが低いのでおすすめです。
具なしでスープのみだと、1杯あたり6キロカロリーです。

ベーコンやコーン、白菜やにんじんなど、様々な具を入れて野菜スープにしてもおいしいです。

具がなくても、おいしいですよ。

私がよく入れているコンソメスープの具の組み合わせは、

  • ウインナーとじゃがいもと白菜
  • ベーコンとキャベツとにんじん
  • 青梗菜とウインナーとにんじん
  • もやしとにんじんとベーコン
  • たまねぎとにんじんとウインナー

こんな感じです。
だいたい3つほど食材を入れています。

味噌汁

具なしで1杯約35キロカロリーです。
鶏ガラやコンソメスープよりは少し高いですね。

味噌汁も、ダイエットに向いています。

味噌は大豆から出来ていますよね。
その大豆にはたんぱく質、カルシウム、ビタミンEやビタミンB1など様々な栄養があります。

健康にもいいんです。

生姜を入れると、体が温まるのでおすすめですよ。

大根やにんじんなどの根菜、豆腐を入れると満足できます。

ポタージュ

とても美味しいですが、飲み過ぎには注意です。

ポテト、ほうれん草、コーン、かぼちゃなど様々な種類があるポタージュですが、
コーンポタージュの場合、1杯あたり100キロカロリーです。
具なしで100キロカロリーです。ちょっと高い💧

ダイエットで気になる脂質も3gと多いです。
(1日の脂質の適正量(30歳以下の女性)は約55gです)

なので毎日は飲まず、週に一回ほどにしておきたいですね。
ちょっといつもとは違うスープが飲みたい、という時のみにしておきましょう。

ミネストローネ

ミネストローネは、具だくさんという意味のスープです。
1杯67キロカロリーです。
少し高めのカロリーですが、キャベツやにんじんなど、野菜がたっぷり摂れますし、満足感も得られるのでおすすめです。

ミネストローネはトマトを使ったスープなので、トマトのリコピンが摂れます。
リコピンは、美容効果があったり老化を防いでくれます。

トマトが苦手な方は、ミネストローネならいけるかも?
私もトマトは大嫌いですが、ミネストローネなら飲めます✨

スープで満足感を上げる方法

続いて、スープで満足する方法です。
先程からちょろちょろ書いてきていますが、

具をたくさん入れる

これで満足感が得られます。
カロリーの低い野菜やきのこをたくさん入れると、満足しますよ。

私がおすすめするのは、これらです。

  • キャベツ…大きめに切ると噛む量が増えます。
  • 白菜…分厚いところが食べ応えあります。
  • もやし…安いので書いやすいし、シャキシャキして美味しい。
  • にんじん…根菜なので体が温まります。
  • 大根…こちらも根菜です。
  • しめじ…噛みごたえがあり、満足感が上がります。
  • 舞茸…美容に効果的です。舞茸から出る汁がすごく良いらしい!
  • なめこ…ネバネバは体に良いです。
  • しいたけ…出汁が出てスープが美味しくなります。老化予防にも。
  • 豆腐…イソフラボンがとれますし満足感が大きいです。

スープを飲む時に気をつけてほしいこと

それは、この2つ。

  • 飲み過ぎに注意
  • 入れる具に注意

順番に説明していきますね。

飲み過ぎに注意

低カロリーだといって何杯もおかわりするのはよくありません。
何杯もおかわりしてしまうと、塩分の取り過ぎになってしまいます。

成人女性の1日の塩分摂取量の目安は7g。
鶏ガラやコンソメスープ一杯に、2gもの塩分が含まれています。

塩分の摂りすぎは、高血圧症やむくみの原因に。

飲み過ぎないようにしましょう。

入れる具に注意

高カロリーなものを入れすぎると、カロリーや脂質が上がり、太りやすいスープになってしまうので注意。

スープが低カロリーだといって、

  • ウインナーやベーコンなどの加工肉
  • 肉団子
  • 油揚げ

などを入れすぎないように気をつけてくださいね。

加工肉は脂質が多いので、ダイエットにはあまり向いていません。
美味しいのですけどね( ; ; )

ですが、入れてはいけないというわけではありません。
食べ過ぎには注意しましょう、ということです✨

まとめ

今回のまとめです。

ダイエットにおすすめなスープ
  • 鶏ガラスープ
  • コンソメスープ
  • 味噌汁
  • ポタージュ
  • ミネストローネ

様々なスープに、栄養のある野菜やきのこなど、低カロリーなものをたくさん入れて、満足感を得られるようにしましょう✨

ウインナーや肉団子などの加工肉や油揚げは、入れすぎるとカロリーが跳ね上がるので気をつけてくださいね。
あと、飲み過ぎにも気をつけて!

スープを飲むのと飲まないのとでは、食事が終わった時の満足感が全然違います。
普段の食事に一品スープをぜひ加えてみてくださいね。