ネイル

ジェルネイルのオフのやり方【無理やり剥がすのはNG】

ジェルネイルはマニキュアと違い、落とすのが大変です。
爪を削り、リムーバーでジェルを柔らかくし、また削り落とさなければなりません。

面倒だからといって、無理やり爪で剥がしてしまうのは良くありません。
しっかり正しい方法で、ジェルオフをして頂きたいです(^_^;)

ということで今回は、ジェルネイルのオフの仕方を書いていきます!!

ジェルオフの時に必要なもの

  • ファイル(粗め)
  • ジェルリムーバー(アセトン)
  • キューティクルプッシャー
  • コットン
  • アルミホイル

これらを使ってオフしていきますよ〜

ジェルネイルのオフは時間がかかるので、時間がたっぷり取れる時にやりましょう。

①ネイルの表面に傷をつける


リムーバーをジェルの中の方まで染み込ませるために、ファイルを使って、表面に傷をつけます。
削りすぎて自爪まで傷をつけたり、指を傷つけないように注意してくださいね!

また、粉がたくさん出るので、机の上にキッチンペーパーや広告を敷いて、机が汚れないようにしましょう。
粉で汚れると、掃除がとても面倒です💧

②コットンにリムーバーを染み込ませ、爪の上に置く

爪のサイズに切ったコットンにリムーバーを染み込ませて、爪の上に置きます。
リムーバーの量が少なすぎると、うまくジェルにリムーバーが染み込んでいかないので、ケチりすぎないようにしましょう。

反対にリムーバーの量が多すぎても指がカサカサになりやすいです。

また、リムーバーが机などに垂れないように気をつけてください。
机の塗装が剥がれるかもしれません。私の机は少しハゲました(笑)

③アルミホイルで包む


コットンがずれないように、アルミホイルで包みます。
しっかり爪とコットンが固定されるようにしてくださいね!
その状態で、数分置きます。

一々アルミホイル切るの面倒だな、と思うこともありますよね。
そんな時は、お弁当用のアルミホイルカップを使えば、切る手間が省けます。

また、ジェルオフ用のゴムの指サックも売られていますよ。
指サックは再利用できます。
私は毎回指サックです。
指がゴムの匂いになりますけどね(笑)

④アルミホイルとコットンを取り、キューティクルプッシャーなどで削って落とす


数分経つと、リムーバーが染み込んだジェルは柔らかくなって落としやすくなっています
キューティクルプッシャーの耳かきのような形をした方を使って、柔らかくなったジェルを落とします。

ジェルが柔らかくならなかったら、再びコットンにリムーバーを染み込ませて爪に乗せ、アルミホイルで固定して数分置きましょう。

⑤ファイルで爪の表面を綺麗にする

ジェルの落とし残しがないようにしましょう。
削りきれなかった部分が残っていると、次にジェルを塗ったとき、はがれやすくなります。

しばらくネイルはお休みする、という場合はシャイナーを使って綺麗にしてくださいね。
ジェルネイルオフした後の爪は傷だらけで汚いので…

周りからも「爪汚いやん」と思われてしまいますので、きちんと整えておきましょう〜

まとめ

自爪を傷つけすぎてしまわないように、気をつけて作業をしてくださいね。
最初はやりにくかったりしますが、手順に慣れてくれば楽に落とせるようになります。

オフに使う道具を揃え、オフのやり方を覚えて自分でジェルを落とせるようになれば、ネイルサロンでのジェルオフ代を浮かすこともできます(笑)

今回書いたことが、あなたの参考になれば嬉しいです!