メイク

メイクツールの洗い方。定期的にしっかり洗って肌トラブルを防ごう!

あなたはメイクスポンジやブラシ、パフ、洗っていますか?

スポンジやブラシ、パフは洗わないと雑菌、カビだらけになります
菌まみれのスポンジやブラシ、パフは肌トラブルの元!
毎日毎日メイクして、その時についた皮脂や汗、ファンデーション、色々なものがついていきます。

最近お肌の調子が悪いなぁ、って方、もしかしたらそれは菌まみれのメイクツールが原因かも…!

メイクツールの洗い方をまとめましたので、あなたも汚れたブラシやパフ、洗ってみましょう!

メイクツールを洗うメリット

  • 雑菌やカビによるお肌のトラブルが減る
  • メイクの仕上がりが良くなる
  • メイクがしやすくなる
  • 気分が良くなる

メイクツールを洗うときに使うもの

用意するものは以下の2つ!

  • クレンザー
  • コップ

メイクツール用クレンザー

中性洗剤でも代用できるそうですが、私はメイクツール用のものを使っています。

これ、とても落ちます。
粉だらけのブラシも、とても綺麗になります。

ドラッグストアで買えますよー!

コップ

ブラシを洗うのに使います。
できれば紙コップがいいですね。

紙コップがなければ、ブラシを洗う用のコップを用意するといいですよ!
コップの中でブラシを洗った後、そのコップをしっかり洗ってもそれで飲み物を飲むのは私は嫌です。(笑)

メイクツールの洗い方

ブラシとパフ、スポンジで洗い方がちょっと違います。
洗うときは力をいれずに優しく!
ゴシゴシではなくもみもみして洗いましょう。

パフ、スポンジの洗い方

水洗いせず、そのままパフやスポンジにクレンザーを垂らします。
最初は少しずつ。落ちが悪いなと思ったらもう少し足してください。

ゴシゴシ洗わないように
スポンジやパフがダメージを受けてぼろぼろになります。
何度も何度ももみもみして汚れを押し出しましょう。

水をかけながらもみもみして洗剤を落とします。
まだ汚れが残っていたら再びクレンザーを垂らしてもみ洗いしてくださいね。

よ〜〜く洗い流してください。
洗剤が残っていると、それが原因でまた肌トラブルになるかも…。

こんなに汚かったパフが…

ここまでキレイになりました!
真っ白!!

新品みたい〜〜
嬉しくなっちゃいますね〜

ブラシ

まずはくしでとかしましょう。
これだけでも結構汚れが落ちます!

私は100均で売っていたこれを使います。

中はこうなっています。

この突起がブラシの中の方の汚れも取ります!

中にクレンザーを入れて、くるくる優しく回しながら汚れを落とします。
透明なクレンザーが肌色になる瞬間は見ていて気持ちがいい(笑)

コップの底に強くブラシを押し当てて汚れを取るのはダメ!
ブラシが傷んでしまいます…

そのあとは水をかけながらもみもみして洗い流します。
優しい力でクレンザー残しがないように、しっかり洗い流してくださいね。

洗ったメイクツールの乾かし方

日向に干さないでください。ダメージを受けます。

室内の日陰に干しましょう。
ブラシスタンドどうしよう?いるのかな?と思う方もいると思いますが、私はいらないと思います。
タオルの上に並べて置いておけば乾きます。

毛の部分はタオルにつかないようにして置いています。

まとめ

ブラシ、パフ、スポンジといったメイクツール、長いこと放置せず、定期的に洗いましょう。
洗わないとカビや菌だらけになり、肌トラブルの原因にもなります。

洗うときは優しく、ゴシゴシではなくもみもみ!

簡単に洗えるので、肌トラブルが起きたことのない場合でも、トラブルになる前に洗ってみましょう!